いちご鼻対策

いちご鼻対策は洗顔後のケアが最重要!

 

 

「いちご鼻のケア」のために、洗顔に力を入れている人は多いんですが
本当に大切なのは「洗顔後のケア」なんです。

 

 

いちご鼻になってしまう理由

 

 

「いちご鼻」の原因は「乾燥」です。

 

お肌が乾燥すると「これ以上水分を蒸発させてはいけない」
と皮脂を過剰に分泌させてしまうんです。

 

その皮脂と角質などが混ざって
毛穴を詰まらせて角栓になってしまいます。

 

そして、その角栓が空気に触れて酸化したものが
鼻の「黒ずみ」の正体なのです。

 

 

なぜお肌が乾燥してしまうのか・・・?

 

 

お肌の乾燥は、しっかり洗いすぎたり毛穴パックをしたりして、
「潤い成分」を取り除いてしまっているせいなんです。

 

つまり、「乾燥」を引き起こす「過剰な黒ずみのケア」が皮脂の過剰分泌を招いて、
「いちご鼻」を生み出してしまっているんですね。

 

 

だから洗顔後のケアは大切!

 

 

洗顔後はお肌の油分が取れてしまっているので
水分がとても蒸発しやすい状態です。

 

放っておくとお肌が乾燥して、「黒ずみ」の原因になってしまいます。

 

だから洗顔後はなるべく早くケアしてあげないとダメなんです。

 

 

洗顔後のケア方法

 

 

洗顔後の正しいケアは「保湿」です。

 

びっくりするくらい普通のことですよね。

 

 

ただし、ポイントがあります。

 

それは「とにかく優しくすること」です。

 

 

見た目ではわかりませんが
洗顔後のお肌って水でふやけている状態なんです。

 

だから、もろくてとても傷つきやすいんです。

 

傷といっても私たちには見えませんし
痛みも感じないような細かいもの。

 

でもお肌って「細かい傷」がつくだけで
水分を抱え込めなくなって乾燥してしまうんです。

 

 

洗顔後のふやけたお肌に「パンパン」と化粧水を叩き込んだり
コットンでこすりつけたりすると簡単に傷ついてしまうことになります。

 

またクリームを塗るときにも、指が肌に強く当たると
摩擦となり傷がついてしまいます。

 

摩擦は乾燥だけじゃなくてシミの原因にもなってしまいます。

 

ですから、お肌になるべく負担がかからない方法で
保湿することが大切なんですよ。

 

 

「お肌に優しい保湿」のポイント

 

 

洗顔後タオルで軽く水気を拭く

 

擦ると傷がつくので、そっとタオルを顔にあてるだけで充分です。

 

 

すぐに化粧水をつける

 

化粧水はコットンを使うよりも、手の方がお肌への負担は少ないですよ。

 

顔を優しく包むように、ハンドプレスしながらつけていってください。

 

 

化粧水が染み込んだら乳液・クリームでしっかり蓋をし、水分が蒸発しないようにする。

 

クリームや乳液もお肌をこすらないようにハンドプレスしながらつけていってくださいね。

 

 

たったこれだけのシンプルケアですが
洗顔後の繊細なお肌にはこの「シンプルケア」が必要なんです。

 

「とにかく優しく」ケアしてあげることが「いちご鼻」解消の近道ですよ!