いちご鼻はサウナに行くと治るってホントなの?

いちご鼻はサウナに行くと治るってホントなの?

 

「いちご鼻はサウナで解消!」なんて
「いちご鼻を解消する方法」として紹介されているサウナ。

 

本当のところはどうなんでしょうか?

 

 

サウナがいちご鼻に効果があるとされている根拠

 

 

いちご鼻の原因である「黒ずみ」は毛穴のトラブルです。

 

そして、皮脂は「毛穴」から分泌されます。

 

「過剰に分泌された皮脂」と「皮膚片」などが混ざり合い
毛穴を詰まらせてしまうんです。

 

 

一方サウナでかく汗は「汗腺」から分泌されます。

 

汗腺は毛穴とは別のところにあります。

 

だからどれだけ汗をかいても
「毛穴の詰まりを浮かし出す」といった効果は
残念ながらありません。

 

 

じゃあ、いちご鼻にサウナは意味がないの?

 

 

それでもサウナが「いちご鼻」に効果があると言われている理由は
「ターンオーバーの正常化」にあります。

 

サウナに入ることで血流が良くなり
体の隅々に血液が届くようになるんです。

 

 

血液の大きな役割の一つは
「栄養分を細胞に送り届けること」。

 

顔にもしっかりと栄養が届くと
お肌の新陳代謝も良くなるんです。

 

 

黒ずみの原因は「お肌の乾燥による皮脂の過剰分泌」です。

 

「乾燥したお肌」は水分を抱え込めなくなるため
水分蒸発を防ぐために皮脂を過剰に分泌してしまうんです。

 

新陳代謝が良くなると「水分をしっかりと抱え込めるお肌」が生まれ、
結果として皮脂の過剰分泌が落ち着き
毛穴が徐々に小さくなっていくと考えられます。

 

 

ですから「いちご鼻の解消のためにサウナに入る」というのは
間違った方法ではありません。

 

でもサウナ後のケアには注意が必要!

 

ケアを怠ると「いちご鼻」を悪化させてしまうこともあるんです!

 

 

サウナ後のケア

 

 

実はサウナで汗をかいている時、
お肌からは「潤い成分」も一緒に流れ出て行ってしまうんです。

 

この「潤い成分」は、お肌を乾燥から守ってくれている大事な成分です。

 

「潤い成分が流れたままの状態」を放っておくと
お肌は余計に乾燥し、「いちご鼻」をさらに悪化させてしまうことになります。

 

だからサウナで体を温めた後のケアはすごく重要なんです。

 

 

汗をかいた後には洗顔料などで
顔を洗いたくなってしまいますよね。

 

でも洗顔料で顔を洗うのは
「さらに潤い成分を取ってしまう」ことになるため
おすすめできません。

 

 

サウナ後には、お肌から流れ出てしまった「水分」や「潤い成分」を
化粧水で補ってあげて下さい。

 

潤い成分の一つ、「セラミド」が入った化粧水は
ドラッグストアでも購入できます。

 

保湿に優れた鼻専用の美容液などの使用もお勧めです。

 

化粧水でお肌を潤わせた後は
乳液やクリームで蓋をしてあげることも忘れないでくださいね。

 

 

いかがでしたか?

 

サウナは「いちご鼻解消」に一役かってくれますが
サウナ後のケアを怠ると「逆効果」になってしまうんです。

 

しっかり体を温めた後はちゃんとケアして
「いちご鼻」を卒業しましょう!

 

⇒ いちご鼻対策TOPへ戻る